読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

King of オナ猿のオナ禁実践ブログ

このブログは、女性に見向きもされないKing of オナ猿の私がオナ禁によって女性から好かれ仕事、恋愛などあらゆる事において人生を好転させるまでの物語を描いていきます。

2回目オナ禁13日目(12月23日)~King of オナ猿の脱却を目指して〜

f:id:sacky4632:20161225101930p:plain

 

暖房をつけっ放しにすると、

 

頭が逆上せてしまうのは

 

僕だけであろうか。

 

 

 

どうも、たくみ・カッシュでござる。

 

 

 

暖房って確かに部屋は暖かくなるけど、

 

空気が乾燥して逆に気持ち悪くなるから、

 

こたつの方が体を暖めるのに効率が良い。

 

f:id:sacky4632:20161225105236p:plain

 

まぁ、前置きはその辺にしておいて、

 

今回は2回目のオナ禁13日目のことについて

 

肌で感じたことを書いていくでござる。

 

 

 

 

2回目のオナ禁も2週間達成目前の日まで

 

迫ると、もはやオナ禁が余裕であるように

 

思えてくる。

 

 

 

 

これに、僕がまだまだ足りないと感じるのは

 

「もう既にモテるための

 

素養をつけている」という

 

考え方の一点のみでござろう。

 

f:id:sacky4632:20161101211442p:plain

(出典:「北斗の拳」)

 

しかしながら、僕自身の行動はまだまだ

 

非モテ男の行動及び思考なのでござる。

 

 

 

きっと、僕の中の本能と理性が

 

ぶつかり合って僕の体が恋愛に

 

対して後ろ向きになっているで

 

ござろう。

 

f:id:sacky4632:20161225105531p:plain

(出典:「機動武闘伝Gガンダム」)

 

 

 

だからこそ、恋愛の時は相手の気持ちに

 

配慮しながら時に本能に忠実かつ

 

シンプルにいきたいでござる。

 

 

 

ちなみに、この日はフィットネスジムでの

 

イベントに参加したが、やはり

 

フィットネスジムは

 

仲間を作りに行くより、己の肉体を

 

磨きに利用したほうが絶対に

 

良いということを学んだでござる。

 

f:id:sacky4632:20161213205159p:plain

 

正直、傷の舐め合いしかせずついつい

 

楽なトレーニングへと逃げてしまう会員と

 

馴れ合いたくない。むしろ、お互い自分の目的の

 

為に高め合える人の方がよほど良い仲間と

 

言えるでござろう。

f:id:sacky4632:20161203210452p:plain

 

ってなわけで、これからもKing of

 

オナ猿の脱却を

 

目指してオナ禁を頑張るので、

 

応援よろしくでござる。

 

 

 

じゃあの。

 

 

 

オナ禁初心者の方はこちら

↓↓↓↓↓

断射プログラム 〜オナニーの真実〜

 

 

 

僕がオナ禁で人生を変えたのはこちら

↓↓↓↓↓

www.infotop.jp


 

たくみ・カッシュ